モノが好き

自分で使ってみて良いと思ったもの、あれ?と思ったもの、工夫しているコトを利用者の視点で綴っていきます

寸又峡

夏休み

2018年の夏休み。 8月のお盆休みに突入しようかという、4連休初日。

静岡県の寸又峡へ行ってきました。

帰省による渋滞予想も出ていますが、この日しかないので、強行します😅

 

当日、朝は4時に出発。

ですが、予報通りに相模湖近辺を先頭に、高速の渋滞が始まっていたので、

国道20号を進み、相模湖ICを通過し上野原ICから中央道に入りました。

f:id:monogasuki:20180831214213p:plain

既に、上り方面も渋滞の表示が・・・

 

高速に乗ったのも束の間、ちょっと寄り道して大月JCTから河口湖方面へ。

そしてあっという間に河口湖到着。

河口湖

夏の朝の湖は爽やかですね。

河口湖には何十回と来ていますが、昔は釣り目的だったため、周りの景色など見る余裕もありませんでした。

が、こうして改めて見てみると、すごく良い環境だな〜と感じます。

この環境の保全に努めてられる方々のお陰ですね。 

f:id:monogasuki:20180831215451p:plain

朝6時の河口湖です。 ついつい、釣りをしたくなりますが、ここはおさえて、目的の寸又峡のほうへ向かう事にします。

ここからは、国道139号線を南下。 途中、白糸の滝を見ていこうと思いましたが、時間が早すぎたため断念。

そのまま高速に乗る事にしました。

新東名では若干の渋滞に遭遇しましたが、静岡を過ぎ静岡スマートICで高速を下ります。

最近は、SAやその他スマートICから高速を下りられる場所も多くなり、目的地に近いところで降りれるようにしてくれているので、非常に便利ですね。

そして、ここからは、国道362号線を真っ直ぐ行けば目的地の寸又峡に着きます。

が、ここからの362号線。半端なかったです😅

真っ直ぐ行けば…と書きましたが、真っ直ぐ行けるなら行ってみろと言わんばかりの道。

山道は走り慣れてはいますが、距離が長い。

旅行でこの道は厳しいので、帰りは別のルートを探そうと思いました。

そして、ようやく駐車場到着。

寸又峡到着

吊り橋までは、ここから30分程度の道程のようです。

f:id:monogasuki:20180831222400p:plain

 

 途中、このような橋も見えますが、こちらは今回渡る橋とは違います。

それにしても、随分下に橋がありますね。

あそこまで下って行って渡るのは辛いので、よかったこれじゃなくて😅

f:id:monogasuki:20180831230800p:plain

 

ここまで来ると、あと一息。 看板も見えてきます。

f:id:monogasuki:20180901075136p:plain

 

そして、渡るべき吊り橋が見えてきました。

すごく綺麗な水の色ですね。 写真で見た通りの色です。

f:id:monogasuki:20180831231708p:plain

 えっ!? こちらもかなり下のほうに橋がありますが・・・

やはり、これなんですね〜。 いや、下るのは全然構わないのですが、

下ったら、帰りはその分登らないといけないじゃないですか。。

まあ、帰りはその時に考えますか。。

そして、途中トンネルを通り、橋に至る下り階段へと道は続く。

階段の途中で、通行待ちのため渋滞。 ほとんど無風の中、約1時間並んで、ようやく順番が近づいてきました。

ここから見るダムも上から見たのと同じこの色。 相変わらず綺麗ですね。

f:id:monogasuki:20180831233748p:plain

 

いよいよ吊り橋

ちなみに、この吊り橋、一回に橋に乗れる人を10人と制限しているようです。

そんなわけで中々進まないわけですね。 

そして、ようやく順番が来ました。 足場は板2枚の幅。 恐る恐る進みますが、以外としっかりしていて、あまり揺れることもありません。

f:id:monogasuki:20180831234936p:plain

 

途中、ここがダム湖(大間ダム)という事を思い出させてくれる、ダムサイトが見えます。

橋の上から。 

f:id:monogasuki:20180831235037p:plain

 

橋は全く揺れることもなく、待った甲斐がある景色でした。

私が一番先頭だったのですが、そのせいもあるのかな〜。

大満足です。

そして、大満足で渡り切ったところで、あらわれたのがコレ。登りきった上から撮っていますが、もちろん登りの階段。

f:id:monogasuki:20180901000942p:plain

そして、連続😩

先ほど下りた分を、そのまま一気に登る階段です。

実は、先ほど吊り橋を渡る時に管理人の方に聞いたところ、本日は一方通行。帰りはぐるっと回って帰るので、登りきってから50分かかるとのこと。あ〜、帰りのほうが辛いとは〜〜〜。

そして、こちらは帰りに通る、もう一つの吊り橋。

橋を渡ったのだから、帰りも橋を渡るのは当然。。 と言うことで、こちらは、飛龍橋です。

f:id:monogasuki:20180901001806p:plain

こちらも吊り橋形状ですが、普通の橋です。

ここまで来ると平らな道なので、敵は暑さだけで少しはマシになります。

そして、途中カモシカなどにも遭遇しながら、駐車場までの道を戻ります。

途中には売店もあるので、ここでエネルギーを補給しながらようやく車までたどり着きました。

f:id:monogasuki:20180901002441p:plain

 

ここで、お昼を食べていなことに気がつき、少し降って遅めの昼食。

そして、すぐ近くには大江川。 途中、河原に入れるところに寄り道して、少々休憩してから、帰路につきました。

f:id:monogasuki:20180901003002p:plain

もちろん、行きとは別ルートで帰りましたー。

 

 

www.parrmark.net

 

三寒四温

3月21日

 

本日は朝から寒い雨が降り、午前中には季節外れの雪に変わりました。

その後、雪は雨に変わったものの気温は真冬の気温。

 

そうかと思えば、明日は20℃に手が届きそうな気温とか。

三寒四温とは言いますが、例年ここまでの温度差でしたでしょうか。

開き始めた桜の蕾もどうしたら良いのか、迷うほどの温度差です。

 

f:id:monogasuki:20180321225358p:plain