モノが好き

自分で使ってみて良いと思ったもの、あれ?と思ったもの、工夫しているコトを利用者の視点で綴っていきます

ZAMST(ザムスト) 膝サポーター EK−3


【スポンサーリンク】

昨年の秋から左の膝が痛くて、困っている。

ズキズキと痛いと言うよりは、突っ張っていて曲げるのが辛いといった感じ。

整形外科にも行ってレントゲン撮って診察してもらったりするが、原因がイマイチわからない。

 

歩いてると痛くなってくるわけでもなく、下車駅から片道20分かかる会社までも、往復徒歩で通っていてなんともない。また、当然釣りをしている最中も立ちっぱなしだ。 辛いのは、しゃがもうとすると、膝の裏が突っ張った感じでしゃがめないこと。あと右に行ったり左に行ったりという方向転換時に膝が捻られるためか痛みがある。痛いと言えばそれくらい。 最近ずっとサポーターをしているせいか、左足全体が硬くなってきている気がする。

整形外科で、腰と太ももをほぐしてもらうとその日の帰りは調子がいいが、すぐに元に戻ってしまう。

最近では勝手な自分の判断だが、坐骨神経痛なのでは無いかと思っている。

本格的に治療するのが一番なのだろうが、中々時間も取れないのと、以前しばらく通ったのだが良くならないので、最近はサポーターをして誤魔化している。

サポーター

膝が突っ張ってるのにサポーターが効くのか? と思われるかもしれないが、当初私も半信半疑で試してみたわけだが、これがなかなか効果がある。 そのサポーターもいくつか試してみたが、現在はZAMSTのEK-3 と言う登山、テニス用を使用している。

膝の曲げ伸ばしをサポートしてくれるのと、側面に若干の横振れ防止用の樹脂のステーが入っているので、ねじれも抑えられて痛みがない。 階段もズンズンいける😆

これより1段階軽いタイプのEK-1も持っているが、これだと膝の曲げ伸ばしは楽だが、膝をひねった時の抑えがないので、痛みがあるのと若干サポートが弱い。

またもう一段階強いタイプのEK-5では強すぎて、ここまではいらないかなといった感じなので、私にはこのEK−3がちょうど良い。

機能について

このEK−3が良い点は、他の2つのタイプと違って、マジックテープだけで完全に取り外せること。

EK−1(こちらはマジックテープは無いが)やEK−5が、付け外しには足の先をくぐらす必要があるのに対し、EK−3はマジックテープだけで、完全に取れる。 要するに、付け外しに靴を脱ぐ必要が無いということ。

これは、合わせて腰を深く曲げる必要もないので、膝と同時に腰も悪い人には非常にありがたいのではないでしょうか。

本当はサポーター無しが一番良いのだが、今の所はこれで仕方が無い。

時期を見て、良い先生に診てもらいたいと思っている。