モノが好き

自分で使ってみて良いと思ったもの、あれ?と思ったもの、工夫しているコトを利用者の視点で綴っていきます

2018 花粉症の季節を前にして その2(空気清浄機・加湿器)


【スポンサーリンク】

前回、花粉を家に持ち込まない、等書きましたが、どんなに注意しても、花粉は家の中に入ってくるし、入った花粉は勝手に出ていく事はないので入り込んだ花粉の除去を考えないといけません。

 

【空気清浄機で対策】

服に付いた花粉や隙間から入ってきた花粉は、家の中では床に落ちて人が移動するたびに舞い上がり、空気に運ばれて移動しているので、空気清浄機での除去を考えます。

我が家でも空気清浄機を使っていますが、その評価は日々条件が変わるので中々正確に評価をするのが難しい。 ですが、客観的な評価として、一日中空気清浄機と加湿器での加湿を程々にしている我が家へ、花粉症の人が来たときに、自分の家にいるときよりも随分楽だと言っていましたので、それなりの効果は出ているのかなと思っています。
ただし、花粉は放っておけば速度の違いはあっても、床に落ちます。 よくニュースなどでもアスファルトの上にたまった花粉が舞い上がり・・・と言われるように、空気よりも重いので床に落ちます。

それに対して、空気清浄機は部屋中の花粉を吸い寄せるだけのパワーはなく、むしろ空気を吹き出して部屋の空気をかき回す事で、自分の近くに来た空気中の花粉を吸い込んでいると思われるので、運転の始めには考慮が必要です。
留守にしている時に、スイッチを切っていた場合、全開で運転しても部屋の花粉が減るのにはそれなりの時間がかかります。 ですので、そのような場合、他の部屋で待機してから花粉の減った部屋に行くと言うのも一つの方法でしょう。 そうでなければ、ずっと付けておくのが良いでしょうね。

そして、部屋中の花粉を吸い込めない以上、やはり花粉は床に落ちます。その落ちた花粉をなるべく除去してあげるのが大事になりますね。これらは掃除機で吸い込んでも良いのですが、せっかく床にたまった花粉を掃除機からの排気がまた花粉を巻き上げちゃう悪循環に陥るので、 クイックルワイパーでそーっと拭き取るのが良いかと思います。

【加湿器で対策】

次に加湿器です。 これは、空気中に漂った花粉を湿度を上げることで床に落としやすくする、また、落ちた花粉を再び舞い上がりにくくする、なんて効果があると思います。 さらに、湿度を上げることは、ノドや鼻の粘膜にもよい効果があると思われるので、空気清浄機と同時に利用すると良いと思います。

 

ちなみに、うちで使っている空気清浄機はHEPAフィルターのみの古いシンプルなものを選択しています。前述のように、風を回してナンボだと思っているので、風量のあるモデルを選択しています。

また、加湿器もハイブリッドタイプではなく昔ながらの湯気が出るやつです。何と無くですが、ハッキリと効果が感じられるような気がして😅 ただし、消費電力を結構食うのでブレーカー等、注意が必要です。

ただウチの場合、花粉症張本人の家のものが電源切ってたりするので、そうなると効果が無くなりますね。 風が寒いというのがその理由のようですが、確かに花粉症の時期はまだ寒い時期ですからね。 気持ちはわかりますが、花粉症とどちらが良いかってとこなんですけどね〜。

 

以上、空気清浄機をメインに使いつつ、残った花粉もなるべく減らす・・・そのような工夫が大事になってきますね。

 

 

www.parrmark.net