モノが好き

自分で使ってみて良いと思ったもの、あれ?と思ったもの、工夫しているコトを利用者の視点で綴っていきます

大腸憩室炎再び


【スポンサーリンク】

2018年に大腸憩室炎で17日間入院。 2019年5月に、もう大丈夫でしょう。との診断をいただきましたが、7月に腹痛に襲われ、これは・・・ と病院を受診しました。

前回の記事はこちら↓

再受診

2019/7/8 再受診

2019年5月に治療終了の宣言を受け、しばらく忘れていた腹痛ですが、7/6,7日あたりから左下腹部のいや〜な鈍痛を覚え、月曜日朝になっても変わらないので、妻に送ってもらい急遽以前入院していた病院を朝診療開始時間前に受診しました。
ただし受付では、次回予約もなく初診扱いとなり、初診の場合は紹介状がないと診察は難しいと言われ唖然としましたが、昨年入院していたこと、その退院時に、また腹痛があったらすぐに来るように言われていたことを伝え、何とか通常の外来として診察してもらえました。

再入院決まる

再診では、前回と同じく血液検査及びCT検査を実施。CT検査はすぐに結果が出るが、血液検査は1時間弱はかかる。いつもこの待ち時間で何事も無いことを願うが…
今回CTの結果は前回ほどではないものの血液検査のほうはかなり悪く、再び入院決定。
朝の7時半に病院に来て、13:30分に入院が決定。大きな病院としては早いほうでしょうか。それから急遽、妻は家に戻り入院の準備をして再度駆けつけてくれた。その間、さっそく抗生剤の点滴開始。さらに、この頃から熱も出始めて38.5度まで上がり入院の選択をしておいて正解でした。

7/9
じいさんがお見舞いに来て来れた。心配してくれて、車が無いのにバスを乗り継いで来てくれている。前回よりは軽いと言ったら一安心したようだ。
翌日の7/10日に娘と息子も来てくれるという。娘も心配してくれているようでメールが届く。 
この日の夕方になって、熱が36.9度に下がる。回復に向けて、多少良い傾向かも。

早くも回復の兆し?

7/10 
朝、血液検査のため血液採取。熱は平熱に下がっている。
先生が午前中に来てくれるが、まだ検査結果が出ていないとことで、結果はわからず。娘からも血液検査の結果がどうだったのかとメールが届く。心配してくれているのだろう。自分自身も気になってはいるが、まだ、聞いてないので答えようがないのだが、熱の下がり具合からして多少改善しているのではないかと期待している。
妻からは高校生の娘が、クラスで1番を取ったと連絡があった。自分も頑張らねば・・
検査の結果は相変わらず届かないが、明日から食事再開との報が看護師さんを通して届く。
と言うことは、結果は悪くはなかったのだろうと想像し、さっそく娘に連絡を入れた。

こうなると、気持ちにも余裕が出て来てテレビでも見ようかという気持ちになる。前回の入院の時は、絶食期間が長く料理番組に出くわしたくないのと、見るものがあまりなくスキージャンプのワールドカップと、夕方の必殺仕事人の再放送が楽しみだった。今回は夏と言うこともあり、野球を見た。本当はF1も気になっていて、スカパーオンデマンドで見たいのだが消灯が21時なので遠慮している状況。
またこの日、家ではアマゾンプライムビデオが見れなくなったと連絡あり。

FireTVStickは電源がいつ入るかとか、わかりにくいところもある。それ以外にも、TVやビデオ周りのこと、PC周りのことは自分一人しかわからないだろうから、今後も考えると少しハッキリとわかるようにしておいた方がいいかも、と思うようになってきた😅

(つづきます)